2011年06月03日

軍人将棋の魅力

軍人将棋、ってご存知ですか?
大型行軍将棋、とも呼ばれますね。色々種類はありますが、基本解説はWikipediaより。

------

軍人将棋(ぐんじんしょうぎ)とは、通常3人で行うボードゲームの一種。軍事将棋(ぐんじしょうぎ)、または行軍将棋(こうぐんしょうぎ)とも呼ばれる。軍隊の階級や兵種をモチーフとした駒を用いて盤上にて競う。
駒を盤上の自分の陣地に好きなように並べ、交互に駒を動かしていく。駒には強弱があり、駒の種類を対戦相手に明かさないことが特徴、裏返して配置する。このため、両陣の駒の種類を知ることの出来る審判役をおき、同じ升目で駒がぶつかった場合の勝ち負けを決める。ゲームは、敵の司令部を占領するか、相手を全滅させた方が勝ち。
駒は、スパイから大将までの各階級の軍人、および戦車・飛行機・地雷などがあり、種類によって勝てる相手が決まっている。基本的には位が上の軍人の方が強いが、地雷には飛行機と工兵しか勝てないなど細かい規則があり、軍人将棋のセットには、このルールを一覧表にしたものが付属している。審判役は、この一覧表を見ながら勝ち負けを判定する。

------

んで、勝敗表は↓こんな感じ↓
軍人将棋の勝敗表、大将・中将・少将・ヒコーキ・タンク・大佐・中佐・少佐・大尉・中尉・少尉・騎兵・工兵・地雷・スパイ・軍旗

地雷やスパイの使いどころが、面白いのです。
配置や作戦練るの、相当面白いのです。

ねむねむは2000年頃に軍人将棋のフリーウェア「なんじゃ駒」に熱中しました。
ネットで対戦できるのだけれど、大会とかオフ会とか行われて、結構にぎわっていたんです。
私、第2回大会で優勝したんです!

そして「なんじゃ駒」、驚いたことに
今もDLできるし!!!!誰か相手してして。

↓とりあえず即席で考えた配置、陣形です↓
軍人将棋の陣形・駒の配置例

左下の少将が動きづらい感じで、もしかすると駄目かもしれない。
実戦で試さないと、わからないのですよね。相手の陣形や動かし方との相性もありますしね。

iPhoneアプリでも一応いくつかでてるんですよね
しかしコンピュータが弱い、弱すぎる。
これはかなり心理戦というか、大尉をまるで大将のようにみせるブラフとか、騎兵をスパイにみせるブラフとか、まぁ、コンピュータが相手では面白さ半減なのですよね。
初心者の方は楽しめるかもしれませんけど。

ねむねむ流、軍人将棋の必勝法
・相手に攻めさせる
・動かせる駒もあまり動かさない、要するに同じ駒で逃げ回ってればOK
・消耗戦になる場合があるから、大佐や中佐は大切に
・当たり前のことだけど、相手が消耗した駒がなんだかはちゃんと憶えておくこと

------

一番楽しいのは、審判も交えて3人でやる本来の軍人将棋。
↓これで遊べます↓










ねむねむ日記 
posted by ねむねむ at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | ねむねむの雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「なんじゃ駒」を懐かしむ
Excerpt: 軍人将棋の普及を目指すブログです。
Weblog: 軍人将棋友の会
Tracked: 2011-06-22 19:51
ねむねむ日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。