2012年03月06日

こんな演奏会に参加してきました@盛岡

Twitterで知り合ったアマチュアオーボエ吹き&アマチュア指揮者の「ぎじんさん」が主宰しているベートーヴェンの交響曲チクルス。

ベートーヴェン・プロジェクト第7回演奏会
日付: 2012年3月4日(日)
時間: 14:00開演 (13:30開場)
場所: キャラホール(都南文化会館大ホール)
曲目:ヴァイオリン協奏曲
   交響曲第7番
   (以上ベートーヴェン作曲)
演奏: Beethoven Project Orchestra
独奏: 藤村政芳
(東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者)
指揮: 佐藤義仁
http://gijin.seesaa.net/article/254249832.html

昨年参加された粒ボエ(=Twitterで交流できたオーボエの皆さま)精鋭さんがあいにく今年は都合つかなかった、こともあり、盛岡までいってきましたよ〜!

昨年はその1週間後に東日本大震災、ありましたんですね。。。

曲は、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲と、交響曲7番。
オーボエパートはふたりとも東京からの参加なので、闇パート練とかして、なんとかかんとか合奏に臨んだ次第でございます。

私含め東京などから参加しているメンバーも多いようでなかなか揃って練習できなかったようですが、
本番の集中力、素晴らしかった。
私、ちょこちょこミスってはしまいましたが、オケ全体でみたらとても良かったな〜と思いました。

弦楽器の響きがとても豊かで、正直驚きました。
岩手の学生さんも多く参加されたようで、その人達もとても楽しそうに演奏してて、しかもよくさらってるし上手!

◆ヴァイオリン協奏曲
何度かこの曲やったことあったのですが、1stは初めて。どきどき。
東京フィル第二Violin首席奏者の藤村政芳さんの丁寧で誠実なソロ、感動しました。
メインのベト7にも一緒に演奏してくださって、オケにも色々アドバイスくださって、とっても気さくで私ファンになってしまいました。
カデンツ、かっこよかったな〜。
うまく合わせられていたかは不安ですが、でも、本番はオケの集中力があってよかったな、と思います。

◆ベト7
1stオーボエ、初めて吹いたのですが、こんなにタフな曲とは知りませんでした〜。
リズム音痴な私には1楽章とか3楽章とかとっても難しく、もう冷や汗ダクダクで。
復興への想いも込められた、2楽章。どんな風に聴こえたのかな。
ブラボーもでた4楽章、盛り上がった!
そしてアンコールも4楽章の途中から、バテた〜。

来年が8番で再来年が第九、となる予定みたい。
仕事の都合もあって、超弾丸ツアーで今回は全然盛岡観光する余裕はなかったのですが、舞台に乗れなくても、また観光も兼ねていってみたいな、盛岡。。。

あともうひとつちょっと残念だったのが、オーボエ余裕がなさすぎて、譜面にかじりつきでぎじんさんの棒をちゃんとみられなかったこと。
たまに踊っていたりしてたみたいなのにww

楽しい演奏旅行でした。関係の皆さまに心から感謝です。


ねむねむ日記 
posted by ねむねむ at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ねむねむ日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。